人気おせち取り寄せ2017年版

おせち人気取り寄せ

人気のおせちを通販で購入すると手軽でおいしい

少し前まではお正月に食べるおせちは各家庭で作っていたものですが、手間もかかるし忙しい人も増えて作らない家庭も増えていたようです。
ですが最近はお店で購入できるおせちが人気になっており、手軽に用意できるのでまたおせちをお正月に食べる家庭が増えています。
豪華なものから一人暮らし向けの小ぶりで食べ切りやすいものまで揃っていますから、通販を使ってお取り寄せする人も増えています。

おせちは自宅で作らなくなっている

和洋折衷おせち人気取り寄せ
専業主婦が少なくなっていることもあり、あまり家庭ではおせちを作らなくなっているようです。
有名な百貨店やスーパーでは年末が近づいてくるとおせちの注文を受け付け始めるようになりますが、最近はたくさんのお店がおせちの注文を受け付けるので開始時期も早まっているようです。
忙しくなる前に注文しておけば年末までおせちのことを忘れていても問題なく、手軽におせちの用意が出来るので人気も高くなりました。

おせちで使う食材も年末になるとまだまだスーパーでは売られていますが、購入するのは家族が好きなものだけで済ませてしまう事も多いようです。
大部分は注文したおせちで済ませてしまえるので、忙しい主婦にとっても便利でおすすめなのです。

おせちを作るのは手間がかかる

おせちを自宅で作るとなると、年末に手間と時間をかけなければなりませんでした。
作っている余裕が無い場合には、お店で出来上がっているおせち料理を購入してきて、詰め合わせて用意することもあったでしょう。
ですが既に出来上がっているおせち用の料理は、個別に購入しなければなりませんし値段も高めになっている場合が多いのです。

そうなるとおせちを自宅で用意しても、結果的に割高なものになってしまう事があります。
材料から仕込んで料理をするような暇が無い人にとっては、個別に料理を揃えるよりもネットで出来上がっているおせちを注文した方が手軽な方法になっているのです。
しかも一つずつ用意しなくても済むので、価格に関してもあまり割高感を感じない設定のものも多くなっています。

おせちは余ってしまう事がある

おせち料理の中にも好き嫌いはありますから、どうしても毎年残ってしまうものがあるものです。
そうなると次の年からはその料理を外すこともありますが、そうなるとどんどんとおせち料理が寂しくなってしまう場合があります。

それに比べて購入してくるおせち料理に関しては、味付けが本格的なだけありおいしいものばかり揃っています。
しかも人気の高い料理を中心に構成している場合が多いので、最初から不人気なものが入っていない場合が多いのです。
そうなると残すこともなくなりますから、結果的に購入したものの方が無駄がなくて済んでしまいます。

和風のおせちだけではなくなっている

和洋折衷のおせち人気取り寄せ
おせちは日本のものですから普通は和風のものを考えるでしょう。
ですが毎年同じおせちでは飽きたという事も多いようで、最近は和風にこだわっていないものも増えています。
中華をベースにしたおせちや洋風の料理を取り入れたものなど、今までとは違った気持ちで楽しめる内容になっているのです。

もちろん和洋折衷などいろいろな種類がありますから、家族の好みに合わせて選ぶことが出来るようになりました。
通販であればいろいろなお店のおせち料理を比べて注文することが出来るので、家族みんなで楽しみながら選ぶことも出来ます。
いつもと違ったおせちを楽しみたいという人には、こういった洋風などのおせちもおすすめです。

人気のおせちは売り切れてしまう

おせちを通販などで購入しようと思った場合、早めに注文しておく必要があります。
特に人気の高いお店の売れ筋に関しては、注文を受け付け始めてからすぐに売り切れてしまう場合もあるのです。
おせちに関しては人気の高いものから売り切れていきますから、早めに注文しておく事が大事になってきます。

主力製品に関しては十分な数を用意するものですが、最近はおせちを購入する家庭が増えているので間に合わない事が多いのです。
お手頃価格で購入しやすいものなどは、特に人気が集中しやすく売れるスピードも速いので注意しておきましょう。
気が付いたときには、売り切れてしまっている可能性もあるのです。

有名な料理人が監修したおせちも増えている

神田川俊郎のおせち
おせちの中身に関しては、和風以外にも中華や洋風が出てきていると言いましたが、その料理に関してもこだわったものが増えています。
特に有名な料理人が監修したものや、老舗料亭が監修したものなど聞いただけでも食べたくなるようなものが増えているのです。

おせちをネットで注文することも普通になりましたが、その場合はこういったおせちを頼みたくなるのではないでしょうか。
せっかくのお正月に食べるわけですから、たまには贅沢をしても良いという考えの人も多いのです。
ですからこういった有名なおせちに関しても、すぐに売り切れてしまう事があります。

珍しい料理もおせちで食べられる

中華や洋風のおせち料理を取り入れるものが増えてきたことで、普段はあまり食べる機会のないものが入っている場合があります。
高級なアワビやフカヒレなどもありますし、伊勢エビを入れているものもあるのです。
高級食材を自分で料理すると失敗するのが不安ですが、おせちであれば安心して高級食材も楽しむことが出来ます。

年の初めに食べるおせち料理だからこそ、少しはいつもよりも贅沢なものを食べたいという人も多いでしょう。
普通のおせち料理にはそれぞれに意味はありますが、それよりもおいしいものの方が嬉しいという人が多くなっているようです。

人気の高さが調べられるので便利

ネットでおせち料理を購入する場合、どんなものが人気になっているのか調べることが簡単にできます。
売り上げランキングを見れば上位に入っているものがすぐに確認できるので、人気の高いおせちを購入することもしやすいのです。

おせちを購入する人が増えたことで、選べる種類も増えています。
それを全て比較しながら決めるというのは大変ですから、こういった人気の高いものの中から選ぶと失敗しなくて済みやすいのです。

前年の評判を調べると失敗しなくて済む

通販で購入したおせちは年末に届きますが、実際にどのようなものが届くのかは見てみなければ分からない部分もあります。
ですがネットであれば前年の口コミを調べることが出来ますから、簡単に評価の高いお店を見つけることが出来るのです。
ただ、そういった人気店は注文が集まりやすいので、売り切れるのも早い場合が多くなります。

年末が近づいてから注文しようと思っても、既に人気のお店は全て売り切れているという事もあるのです。
おせちを通販で購入しようと思っている場合には、出来るだけ早い段階で注文することも考えなければなりません。
まだ早いから後で注文しようと考えていると、いつの間にか人気の低いおせちしか選択肢が残っていないというになってしまう可能性があります。

おせちのお取り寄せを楽しみにしている

おせちを家庭で作るのも良いものですが、有名なお店のものを注文して楽しみにしている家庭も増えています。
毎年同じでは飽きてしまいますが、注文して購入できるおせちには中華や洋風のものなど、今までとは違ったものも多く、楽しみにしている人も増えているのです。
人気の高いお店のおせちを通販で購入すれば、家まで届けてくれますから年末をゆっくりと過ごすことが出来るのでおすすめです。

おせちを通販でお取り寄せする前に読むと購入の判断になるお正月料理のお話

豪華な高級おせちを買うには?

家族みんなで過ごすお正月に欠かせないものといえば、おせち料理ですね。
一品一品に由来のあるおせち料理。日本の大切な文化の一つですが、自宅ですべて作るのはなかなか難しい。
そんな時に便利なのが、百貨店やレストランで売っているおせち料理です!
近年トレンドになっている高級おせちをご紹介!

どうやって買う?高級おせち

新年早々の贅沢である高級おせち料理。
店頭で現物を見てから買うことももちろんできるのですが、オススメはネットでの注文です。
気軽に注文できますし、わざわざ自分で持って帰ることもないので、とっても便利!
そして何より、たくさんの種類の中からあなたのとっておきを簡単に選ぶことが出来ちゃいます。
デパートや百貨店であれでもない、これでもないと延々と彷徨うことなく、
ご自宅やスマートフォンから自分好みのおせち料理をセレクトしましょう!

これがイマドキ!オードブルおせち!

おせち料理といえば、普段なかなかお目にかからない美しい重箱と、目でも楽しめる手の込んだおかずを連想しますよね。
日本で古くから受け継がれたお正月料理には、家内安全や子孫繁栄など、さまざまな願いが込められています。
しかし、おかずによっては少し苦手なものがあったり、子供にとってはどれも馴染みのない、食べにくいものだったりすることも。
最近のおせちはそんな問題を解消してくれます!
例えば、定番のおせち料理に加え、星付きレストランの一流シェフ監修のローストビーフや、
キャビアなどの高級食材をふんだんに使用したフレンチ料理も味わるオードブルおせち料理が大人気です。
今人気の和洋折衷おせち、是非一度ご堪能ください!

日本の美しい文化、お正月料理

起源は弥生時代とも言われるおせち料理。
自宅で作るのは大変ですし、作り方も難しそう。
好きなおかずがないし、わざわざ買いに行くのも面倒。
そんな時、がんばった自分へのご褒美と、来る年の幸福を願って、
景気づけにちょっと贅沢なおせち料理を注文するのはいかがでしょうか。

変わり種おせち

おせち料理といえば、重厚な箱に並べられた数々のお正月料理ですね。
栗きんとん、黒豆、レンコンに数の子などなど、一つ一つのお料理に願いが込められています。
日本の文化の一つでもあるおせち料理。私たちが思い描く「おせち」とは違った、ユニークおせちがあるんです!
いつものにちょっぴり飽きたら、変わり種おせちも試してみては?

子供も大喜び?かわいいキャラクターおせち

子供にとっておせち料理はなかなか馴染みのないものです。
普段の食卓には並ばないようなおかずにうんざりするお子さんもいらっしゃるのでは?
そんな時にうってつけなのが、子供に大人気のキャラクターがテーマになったおせちです。
例えば、入れ物がいつもの重厚感あふれる重箱ではなく、キャラクターの顔の形をしているので、
お料理を食べ終わったら入れ物やお弁当箱としても使うことが出来ちゃいます!
おかずもキャラクターに関係するものだったり、かまぼこに描かれていたりと、
目でも楽しめるおせち料理になっています。おせちが苦手なお子さんに是非!

まるで宝石!ゴージャススイーツおせち

近年知名度が上がってきているユニークおせちがあります。
それは、「スイーツおせち」。
その名の通り重箱に入っているのはお正月料理ではなく、食べるのがもったいない綺麗なスイーツの数々。
重箱を開けた瞬間、ため息をついてしまうような光景に、スイーツ好き女子のテンションが急上昇すること間違いなし!
全国の百貨店やインターネットでも売り切れが続出し、お気に入りが見つかったらすぐに注文しないとあっという間になくなることも。
栗きんとんをイメージしたモンブランや、金箔があしらわれた抹茶のロールケーキなど、
いつもより豪華なスイーツと一緒に、おめでたいお正月気分を味わうことが出来ます!

いつもと気分を変えて皆でパーティーおせち!

家族みんなでおせち料理を囲むのもいいですが、
友達や恋人とちょっと一風変わったおせち料理を探してみるのも楽しいかもしれません♪
すぐに売り切れる人気おせちもあるので、早めの予約をおすすめします!

おせちに入っている食材に込められた願い

おせち料理を漠然と食べている方は多いと思いますが、基本的にはさまざまな意味が込められているのです。

通販サイトなどでおせち料理を注文する際にも、それぞれの料理の中に、さまざまな願いが込められていることが分かれば、高級食材で構成されたおせち料理ではなく、正真正銘のおせち料理がベターだということが分かるはず。

そもそも年の節目に神様に感謝するための料理なのですから。
ここではスタンダードなおせち料理に込められた願いについて紹介します。

焼き物に込められた意味

おせち料理の焼き物に使われることが多いエビとブリ。
これにもしっかりとした願いが込められています。

エビというのは、焼くと丸まってしまうものですね。
一般的にエビの焼き物というと、背中沿いに串を打ち、真っ直ぐにするのが日本料理のセオリー。
それにもかかわらず、丸まったままの姿なのはどういうことなのかと疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。

単純に詰めやすいからではありません。
腰が曲がるまで長生き出来ますようにという長寿を願う意味が込められているのです。

そしてブリです。
ブリは成長するごとにその名前が変わる出世魚ですよね。

ワカシから始まって、イナダ、ワラサ、ブリと名前が変わります。
つまり、出世をして大成しますようにという願いが込められているわけです。

煮物に込められた願い

煮物に込められた願いを次は紹介します。
煮しめやくわいといったものが煮物として使われるていることがおせち料理では多いですね。

煮しめというのは沢山の野菜を一緒に煮た料理です。
ですから、いつまでも仲良く家族が過ごせますようにというような家庭円満の願いが込められているのです。

更にくわいです。
くわいという穀物は大きな芽が最初に出てきて、その身を実らせるという特徴を持っています。
つまり大きく芽が出ますようにという出世を願う意味合いがあるのです。

このように無作為に選ばれているような食材でも、きっちりとした意味があることを覚えておきましょう。

単純に好きな食材が入っている。
高級食材で作られている。

こんな条件でおせちを選ぶのは、本来の意味を失っていると言わざるを得ないのです。

おせち料理はいつから食べられるようになったの?

お正月といえば、おせち。
高級料亭や大手百貨店など、現在ではインターネット通販でさまざまなおせちを味わえる時代です。

しかしながら、おせちの由来を知らない方も多いものではないでしょうか。
小さい頃から当たり前にあったものだから、意味など考えたことがない。

こういった方のためにおせちの由来などについて紹介していきましょう。

現在のお節は江戸時代に生まれた

お正月の定番であるおせち料理ですが、実は弥生時代からこの風習があったとされています。

季節の変わり目を節と呼んでおり、一年の恵に感謝をする年変わりの節に食べる料理。
そして神様に供えるものを節供(せっく)と呼んでおり、それが由来だと言われています。

この節目を祝うことは、年に5回行われることが文化として広がっていきます。
そしてこのお祝いの場で提供される料理を御節供(おせちく)と呼んでいたのです。

この文化は江戸時代になると庶民の間にも広がります。
ただ、宮中のように経済力があったわけではないので、年が変わる正月にのみ行うようになった。

最初はお膳で出されていたのですが、江戸時代末期になり、重箱に詰めるように変化して、現在のようなスタイルが出来上がったとされています。

お節の中身も分類がある

更に豆知識としては、おせち料理は、ただ単に日持ちの良い食材を調理しているわけではありません。

一般的な会席料理などと同じく、祝い肴と口取り。
更に酢の物、焼き物、煮物といった付け出しからメインまでコース料理のように分類されて敷き詰められているのが一般的です。

これを覚えておくと、料理人がどのようにしておせちを食べて欲しいのかといった気遣いや、まごころを感じることが出来ます。

近年では二段や三段重ねの重箱が多いですが、そもそもは五段。
前述にある祝い肴と口取り→焼き魚→煮物→酢の物や和え物といった順に重ねられていきます。

ここで五段目は?という疑問が上がりますね。
ご飯?それともデザート?なんて思ってしまうかもしれませんが、正式なおせちは空っぽの状態にします。

これは神様から頂いた福を入れておくという意味であり、まだ将来繁栄をする伸びしろがあるという意味だそうです。

おせち料理に入っているそれぞれの食材に込められた意味

お正月に当たり前のように口にするおせち料理ですが、縁起ものの料理であるということは、あまり知られていません。

普段は見かけない料理が多く入っていますが、それにはしっかりとした意味があることをご存知でしょうか?

ここではおせち料理に入っているそれぞれの食材に込められた意味について紹介しましょう。

それぞれの重箱に入るもの

本物のおせち料理は五段重ねです。
そしてそれぞれの段に何を入れるのかが決まっています。

一番下の一の重には、祝い肴と口取り。
二番目には焼き物。
三番目が煮物。
四番目は酢の物や和え物で最後が空。
これが正式なおせち料理の構成です。

口取りに関しては、地方によっては、二段目に入れるところもありますが、基本はコレです。

祝い肴とは数の子やごまめ。
そして黒豆などのこと。
口取りは、紅白のかまぼこや栗きんとん。
そして伊達巻などが有名ですね。

ブリやタイ、エビといった海の幸を焼いたものが二段目に入ります。

三段目に入る煮物で多いのは、レンコンや人参、里芋やくわいといった山の幸が入ります。

この煮物も地方の違いによって与段目に入れるケースもあります。

最後の与段目では、なますやぬたなどが有名ですね。

基本的にはメイン料理から副菜といった構成になっているのが一般的です。

祝い肴三種くらいは覚えておこう

日本人ならば、おせち料理のスタンダードな祝い肴三種くらいは覚えておきましょう。

祝い肴三種とは、関東エリアでは、黒豆と数の子、そして田作りです。
関西では、数の子と田作りは同じでたたきごぼうというのが一般的ですね。

黒豆は、黒という色が邪気を払って健康でいられるということから由来していますから無病息災の願いが込められています。
また、マメに働く、マメに暮らすといった意味合いも込められています。

ニシンの卵である数の子。
にしんは二親とも表現されます。
沢山の卵が集合体になっていることで縁起が良い。
このため子宝に恵まれ、子孫繁栄につながるとされています。

最後に田作り。
片口イワシを煮詰めたものですが、江戸時代には、田作りの原料として畑にまかれていたという経緯があります。
つまり五穀豊穣の願いが込められています。